舌 汚れ

舌の汚れは危険!口臭の原因になる舌の汚れを綺麗にする方法とは?

舌が汚れる原因は?

 

肌と同じように、口の中も古い細胞から新しい細胞へと生まれ変わります。ですが、古い細胞が角質化してしまうことがあります。すると舌の表面に凹凸ができ、そこに古い細胞が入り込むことがあります。また、口の中に潜む多量の細菌がたまったり、ケア不足で食べ物のカスがたまったりすることでも汚れるのです。その他には、唾液の減少によって細菌が増えてしまうことも原因です。口の中の環境が悪くなることや、細菌の増殖が大きな原因と言えます。

 

舌の汚れにオーラクリスターゼロがいい?

 

舌が汚れる大きな原因が、口の中の環境が悪化することと、細菌が増殖することなら、それを改善する必要があります。改善をするには歯を磨くことが大前提ですが、洗口液を追加するとより口の中をきれいにすることができます。洗口液で注目されているのがオーラクリスターゼロです。この洗口液を使用すると、口の中の環境を整え、殺菌剤によって舌の汚れの原因となる細菌を減らすことができます。口の中の環境が悪く、細菌が多い状態で問題なのが歯周炎や、虫歯、口臭です。オーラクリスターゼロの殺菌力と、口の中を整える力で、これらのトラブルの予防ができます。口の中がきれいになり、さっぱりするので、人と会話することにも自信が持てるようにもなるのです。

 

オーラクリスターゼロの特徴

 

オーラクリスターゼロは、様々な成分によって舌の汚れや口臭にメリットがあります。ドクダミに含まれる成分が口の中を整え、トウモロコシに含まれる成分が口の中の環境を良くします。口臭に役立つことで知られる茶エキスも配合されています。また、刺激が少ない殺菌成分、歯周病菌にも期待できる殺菌成分、細胞の増殖を促す成分など、薬用成分も含まれています。口臭の原因の60%は舌にあるといわれています。口に含んで濯いだり、歯磨きをしたりすることで99.7%菌を除去でき、舌の汚れを防ぎ、口臭も防ぐことができるのです。持ち運びできるサイズなので、外出先で気になったときや、食事の後にも簡単に使用できるのが特徴です。夜寝る前に使用すれば、朝のねばつきの予防にもなります。

 

下の汚れと口臭のまとめ

 

舌の汚れは、口の中の環境が悪いことや、細菌が原因です。そのままだと、口臭や虫歯、歯周病にもつながってしまいます。きれいにするには、歯磨きと、洗口液を上手に使用する方法があります。オーラクリスターゼロは、99.7%細菌を除去でき、植物由来成分と薬用成分で口の中の環境を良くすることができるのです。食べ物のカスが口臭の原因にもなるので、食事の後のケアも必要です。オーラクリスターゼロは持ち運べるので、外出先でもケアできます。

 

硫黄臭の原因